相続手続き、相続対策の初回無料相談 福岡|福岡市

多くの資格と豊富な経験で無料相談

相続の初回無料相談

当事務所は司法書士、行政書士、土地家屋調査士等多くの資格で生前の相続対策として家族信託・遺言・生前贈与の手続きを、また相続開始後の相続放棄・相続登記・税理士と連携した相続税申告・不動産業者と連携した相続不動産売却等の相続手続きのご相談に対応させていただきます。
 
相続に関する知識と資格が多い事務所ですので、各ご家族に応じたアドバイスをさせていただくことができます。
 
ご相談は初回無料ですので気軽にご連絡ください。関係者がご高齢等で出向けない場合は、無料の出張相談を検討させていただきます。
 

次のような方は、斉藤事務所の無料相談をご利用ください。

  • 将来の相続の争いを避けたい
  • 家族信託とよく聞きますが、どんな手続きですか
  • 認知症対策で成年後見人以外の方法はありませんか
  • 相続人の争いはないが手続きが不安です
  • 相続の前に何か対策ができないか
  • 相続が開始し何をしていいか判らない
  • 手続きが面倒そうだから専門の事務所に任せたい
  • 相続税の申告についても相談したい
  • 銀行や証券会社の相続手続きを依頼したい
  • 不動産の名義変更/相続手続きを依頼したい
  • 空家となる実家の処分をどうするか相談したい
  • 仕事の都合で平日の昼間に時間が取れない
  • 祖父名義と土地があるが名義変更はどのようにしますか
  • 相続人が全国に散らばっているので大変そう
  • 先祖の出身が他県のため戸籍の取得が厄介そう
  • 2次相続の対策も教えてほしい

 

相続の相談記事一覧

生前に出来る相続対策は,つぎの3つがあります。争族対策 相続税節税対策 納税資金準備争族対策として生前に財産の分け方を決めておくことで、相続争いを和らげることが出来ます。生前に財産の承継先を確定させておくことで、争族対策になりる手続き相続税節税効果生前贈与暦年贈与による方法生前に贈与することで名義が変更になりますので、争族対策になります。毎年110万円まではは無税ですが、110万円を超える贈与には...

相続の手続きは次の状況や遺産の種類・金額・相続人の構成など各家族により異なり、手続きの方法も様々なパターンがあります。親子間の相続か兄弟姉妹間の相続か遺産の額が多いか少ないか遺言書の有無相続人間の争いの有無相続税申告の必要性の有無不動産の有無マイナスの財産が多い場合は3か月内に相続放棄の申述が必要ですし相続税の申告が必要な場合は10か月内に申告しなければならないので急ぐ必要がありますし、関係者が高...

相続登記をしないことのデメリット死亡された方(被相続人)の不動産の名義は早く変更しておかないと、売却や担保の設定ができません。賃貸不動産の場合は家賃の請求もできません。また長い間放置していると、新たな相続が発生して遺産分割協議の当事者となる相続人が増えてしまい話し合いが出来ない状況になります。相続登記はどの資格者に依頼したらいいか不動産の登記は弁護士も業務としてできることになっていますが、一般的に...

家庭裁判所での相続放棄の手続きを取らないと、亡くなった方の借金を背負ってしまうことになります。財産が何もない相続人であれば、自己破産をすれば借金を払う必要はなくなります。しかし預貯金・持家等の財産がある方は預貯金を取り崩し自宅を売却して亡くなった方の借金を支払い義務の範囲内は支払う必要があります。